ホーム > 伝道委員会 > 「聖書の学びと祈りの会」が行われました。

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

「聖書の学びと祈りの会」が行われました。

昨晩(9/4)の「聖書の学びと祈りの会」の参加者は5名でした。

使徒言行録を連続して学び続けています。
昨晩は16章。パウロのフィリピ伝道の個所です。

金儲けの道具であった「占いの霊(悪霊)」女奴隷がパウロとシラスに出会い、救われる。
しかし、彼女の主人はこれでは商売ができないと訴える。
パウロたちは牢に入るが、真夜中、讃美と共に祈っていると、突然、大地震が起こり、すべての牢のカギがあいた。
看守は囚人が逃げたと思い、自害しようとするが、「皆ここにいる」とパウロに言われ、ひれ伏し救いを求める。
看守とその家族は洗礼を受ける。

福音宣教における苦難に神は必ず応答され、救いの道を与えて下さることを学ぶ個所です。

学びの後、高齢者、病者のため、そして教会の秋の初行事のために祈り、閉会しました。

聖書の学びと祈りの会サムネイル用.jpgのサムネイル画像

【2013年9月 4日】