ホーム > 伝道委員会 > 「バイブルクラス」が行われました。

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

「バイブルクラス」が行われました。

11/2(土)のバイブルクラスは出席4名で行われました。

今回の聖書の箇所はマタイによる福音書5章・山上の説教の中の幸い"You're Blessed"、地の塩・世の光"Salt and Light"、律法について"Completing God's Law"を学びました。

9節の有名な「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」の箇所について、聖書「The Message」では「平和の実現」のことをリアルに、そして的確にこのように記してありました。
 
"You're blessed when you can show people how to cooperate instead of compete or fight.
(競争や戦うことに代えて、協力する方法を人々に教えるとき...幸いである)

「The Message」は、「平和を創り出すための争いなど、けしてありえない」と断言しています。

一方、少し気になることがあります。他の多くの英語の聖書ではこの「平和を実現する人々」の表現に"peacemaker(The peacemakers)"という言葉が用いられていて、直訳すればなるほど平和を創る人=ピースメーカーですが、peacemaker(米語)には拳銃や爆撃機などの物騒な意味もあるそうです。

ピースメーカー:
1.アメリカの西部時代の拳銃の名称。その後もコルト社製軍用銃で現在も生産され続けている。
 銃によってアメリカは独立を勝ち取り、銃によって平和を作り上げた?
2.アメリカの戦略爆撃機B-36公式名称。
 核の抑止力でアメリカの平和を守った?

これが、いまだ世界の保安官を標榜する国の人たちの感覚なのでしょうか?

バイブルクラス_sum.jpgのサムネイル画像


【2013年11月 2日】