ホーム > 伝道委員会 > バイブルクラスが行われました

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

バイブルクラスが行われました

 

Bible class on Saturday September 20, 2014

 

今日(9/20)のバイブルクラスの出席者は先週同様に5名でした。聖書の箇所はマタイによる福音書の17章です。

この箇所の冒頭は、イエスに連れられた3人の弟子、ペテロ、ヤコブ、ヨハネが山に登り、その山頂で弟子たちが目にした光り輝くイエスの姿と雲の中から聴こえてきた神様のメッセージに遭遇する場面です。

その時、あまりの驚きと畏敬から思わず発してしまったペテロの賛美の言葉に対して、イエスは聖書の前例をあげて自らの苦難の予告をします。

そのイエスの言葉は、弟子たちの期待や願望から大きく違っていました。

 

Matthew 17The Message (MSG)

Sunlight Poured from His Face

17 1-3 Six days later, three of them saw that glory. Jesus took Peter and the brothers, James and John, and led them up a high mountain. His appearance changed from the inside out, right before their eyes. Sunlight poured from his face. His clothes were filled with light. Then they realized that Moses and Elijah were also there in deep conversation with him.

Peter broke in, "Master, this is a great moment! What would you think if I built three memorials here on the mountain--one for you, one for Moses, one for Elijah?"

While he was going on like this, babbling, a light-radiant cloud enveloped them, and sounding from deep in the cloud a voice: "This is my Son, marked by my love, focus of my delight. Listen to him."

6-8 When the disciples heard it, they fell flat on their faces, scared to death. But Jesus came over and touched them. "Don't be afraid." When they opened their eyes and looked around all they saw was Jesus, only Jesus.

Coming down the mountain, Jesus swore them to secrecy. "Don't breathe a word of what you've seen. After the Son of Man is raised from the dead, you are free to talk."

10 The disciples, meanwhile, were asking questions. "Why do the religion scholars say that Elijah has to come first?"

11-13 Jesus answered, "Elijah does come and get everything ready. I'm telling you, Elijah has already come but they didn't know him when they saw him. They treated him like dirt, the same way they are about to treat the Son of Man." That's when the disciples realized that all along he had been talking about John the Baptizer.

この場面に登場するペテロは、いかにもペテロらしい直情型でその時思ったことを素直に口にしてしまう様がみて取れます。しかし、よくよく前章の16章でペテロがイエスに対して云った言葉を思い返すと、いったいペテロのあの有名な信仰告白は何だったのかということになってしまいます。前章でペテロはイエスをこう讃えたのです、「あなたはメシア、生ける神の子です」。すなわちペテロは、イエスを神と崇めたはずでした。しかし、その舌も乾かぬ先に、今度はイエスとモーセとエリヤに、それぞれ記念の館を建てると言い出しました。イエスをモーセやエリヤと同等な預言者の一人として扱うと言い出したわけです。多分、ペテロには悪意など一かけらもありません。その時のペテロとして、イエスに対する最大の褒め言葉だったのだろうと思います。

 

今日のバイブルクラスでは、このマタイ17章の御言葉の箇所の解説として、さらに新しい英語の聖書"The Voice"ののコメンタリーの紹介がありました。

 

Matthew 17 The Voice (VOICE)

Jesus is providing an entirely different perspective on success and happiness. The new Kingdom is breaking in, and the new community is coming together. This is the logic of that Kingdom and that community: to inhabit God's story, this is what must be done. To accrue fame and comfort and riches is counter to this new community. In the economics of this new community, real success is marked by a willingness to sacrifice one's very life to God, and the promised rewards are immense.

イエスは成功と幸せについて、まったく異なる見解を提示している。 新しい神の王国は既に介入しいて、そして、新しい共同体として共におとずれている。 これは、その王国と共同体の論理である。神の物語(ご計画)をよりどころとするために、なされなければならないことである。名声と快適さと富(この世的な成功)を得るということは、新しい共同体とは正反対である。 この新しい共同体における経済学では、本当の成功とは神に人生を捧げたいという意欲によって特徴づけられ、そしてそれに約束されている報酬はきわめて大きいものがある。


【2014年9月20日】