ホーム > 伝道委員会 > 「旧約聖書を学ぶ会」が行われました

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

「旧約聖書を学ぶ会」が行われました

2015年5月10日に「旧約聖書を学ぶ会」が行われましたのでご報告いたします


毎月第二日曜日、昼食後に「旧約聖書を学ぶ会」を開いています。現在はエレミヤ書を講読しています。510日(日)の学習内容はエレミヤ書の政治的背景と宗教的構造に触れたあと、第9章の内容について解釈をしました。

各節のキーワード次の通りです。

1節       旅人の宿

3節 押しのける者(ヤコブ)

6節 火をもって溶かし

7節 舌

10節 山犬

13節 バアル

14節 苦よもぎ

16節 泣き女

20節 死の擬人化

21節 糞土のように

25節 心に割礼のない

 

担当者の感想としては、日本語としての聖書に終わることなく English Bibleとして理解を深めたいと思います。キリスト教が広く信仰されているのは何故か、話し合いましょう。

 

参考文献

新聖書注解 旧約4

いのちのことば社

昭和52

947A3364_1.JPG

【2015年5月10日】