ホーム > 伝道委員会 > バイブルクラスが行われました

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

バイブルクラスが行われました

 


Bible class on Saturday June 20th, 2015

 

この日のバイブルクラスは、前回と同じ3名の定例メンバーで学びの時をもちました。20138月から学んできたマタイによる福音書も、いよいよ次回、最後の28章を残すのみです。

今日の学びはキリスト・イエスの十字架上の死が現実のものとなり、その直前、直後において、イエスと歴史的な場面に関わった人々の人間模様と同時発生した象徴的な出来事について、参加者の活発な意見や聖書理解が語られました。

 

  • イエスの十字架を担ぐ「キレネ人シモン」~証し、派遣される人

32 Along the way they came on a man from Cyrene named Simon and made him carry Jesus' cross.:途中で彼らはシモンという名のキレネから来た男にイエスの十字を担がせた。

 

この「キレネから来たシモン」は、マルコやルカ福音書にも登場しています。また、使徒行伝13章には、「アンティオケ教会の指導者のひとり、ニゲルと呼ばれるシメオン」として再登場しています。つまりキレネ人シモンは、後にイエスを救い主と告白しキリスト者となった人物です。彼はイエスが十字架に向かう姿を間近に見て、そして主の十字架の重さを直に味い、この人こそ救い主、キリストであるという確証を持ったのであろう思います。多分、直弟子ではなかった使徒パウロも、このシモンと同じような経験と志を与えられた人物であろうと想像します。このシモンはその後、使徒行伝に記されたように「証し、派遣される人」へと変えられていくのです。

 

  • イエスの死を見ていた傍観者の受け止め方~旧約預言への証

45...Around midafternoon Jesus groaned out of the depths, crying loudly, "Eli, Eli, lama sabachthani?" which means, "My God, my God, why have you abandoned me?":午後の中ごろ、イエスは大声で泣き、うめいて云った、「エリ、エリ、ラマ、サバクタニ?」と、それを意味するのは、「わが神、我が神、なぜあなたは私を見捨てたのですか?」と。

47 Some bystanders who heard him said, "He's calling for Elijah." :彼(イエス)の言葉を聞いた一部の傍観者は言った。「彼は、エリヤに呼びかけている。」と。

 

イエスの十字架上の死の直前の言葉「エロイ、エロイ=神よ、神よ」を、観衆の一部の人はエロイをエリヤと聴き間違っています。当時のユダヤ人とそのユダヤ教の終末観念はマラキ書にもとづいていました。

マラキ書4:5  「見よ。わたしは主の大いなる恐ろしい日が来る前に、預言者エリヤをあなたがたに遣わす。」

おそらく自分たちの旧約預言の信仰や期待にそって、イエスの悲痛な叫びを聴き間違てしまたのではないでしょうか。

 

  • 「引き裂かれたカーテン」~神との和解の成就、そして「開かれた教会」の始まり

51 At that moment, the Temple curtain was ripped in two, top to bottom.:ちょうどその時、神殿のカーテンは、天辺から下まで、二つに引き裂けた。


この真っ二つに裂けた神殿のカーテンは、神殿の中でも特別な場所、大祭司しか入れない至聖所と一般人が入る場所を仕切る特別意味を持つなカーテンです。そのカーテンが引き裂かれたということは、「神と人との隔たりが取り除かれた」という重要な意味を持つのではないでしょうか。その後の歴史に起こる、エルサレム神殿の崩壊、キリスト教会の誕生など、共にこの引き裂かれたカーテンの出来事に始っているように思います。また、神殿のカーテンが開かれた時、一緒に起きたと記されている地震や岩の粉砕、墓から多くの死人が甦ったという記述は、それまで律法や様々な宗教的拘束から解き放たれ、新たに自由に生きる力を与えられた人々の比喩ではないかと思います。 キリストの十字架とその死によって、神との和解がもたらされた重要な意味が少し理解できたようにも感じました。

また、私たちの教会の宣教スローガンでもある「・・・誰もが招かれる、開かれた教会を目指して」の本質的な理解に対しても、少し大げさかもしれませんが啓示を得たようにも思います。

残念なことに、私達の教会や日本のキリスト教会の多くが、その思いに反して自ら様々な隔たりを作りながら歩んで来てしまったようにも思えます。素直に「開かれた教会」を自らに問いかけてみると、違和感と多くの疑問や反省がいくつも思い浮かびます。

 

  • 安息日の掟を無視する「アリマタヤの金持ちヨセフ」

57 Late in the afternoon a wealthy man from Arimathea, a disciple of Jesus, arrived. His name was Joseph. He went to Pilate and asked for Jesus' body.He went to Pilate and asked for Jesus' body.

Pilate granted his request. :午後遅くアリマタヤからの裕福な人(イエスの弟子の一人)が到着した。彼の名はジョセフ。彼はピラトのところに行ってイエスの遺体の要求を願い出た。ピラトは彼の要求を訊き入れた。

 

このヨセフもイエスの直弟子(12弟子)ではありませんでしたが、金曜日の日没から始まる安息日にかけてとても勇気ある行動を起こしています。当時その地で最も権威と力を持つ総督ピラトに、イエスの遺体引き取りを要求し、それもなんと安息日にかけて実行しています。その後自分の所有するお墓にイエスの遺体を納めるという当時の常識では考えられない大胆な行動をおこしています。そして興味深いところは、ピラトがあっさりとその意を汲んで了解することです。

実はピラトも反律法、反ユダヤ教の思いをいだく人ではなかったのでしょうか。

 

Matthew 27 The Message (MSG)

 

32-34 Along the way they came on a man from Cyrene named Simon and made him carry Jesus' cross. Arriving at Golgotha, the place they call "Skull Hill," they offered him a mild painkiller (a mixture of wine and myrrh), but when he tasted it he wouldn't drink it.

35-40 After they had finished nailing him to the cross and were waiting for him to die, they whiled away the time by throwing dice for his clothes. Above his head they had posted the criminal charge against him: this is jesus, the king of the jews. Along with him, they also crucified two criminals, one to his right, the other to his left. People passing along the road jeered, shaking their heads in mock lament: "You bragged that you could tear down the Temple and then rebuild it in three days--so show us your stuff! Save yourself! If you're really God's Son, come down from that cross!"

41-44 The high priests, along with the religion scholars and leaders, were right there mixing it up with the rest of them, having a great time poking fun at him: "He saved others--he can't save himself! King of Israel, is he? Then let him get down from that cross. We'll all become believers then! He was so sure of God--well, let him rescue his 'Son' now--if he wants him! He did claim to be God's Son, didn't he?" Even the two criminals crucified next to him joined in the mockery.

45-46 From noon to three, the whole earth was dark. Around midafternoon Jesus groaned out of the depths, crying loudly, "Eli, Eli, lama sabachthani?" which means, "My God, my God, why have you abandoned me?"

47-49 Some bystanders who heard him said, "He's calling for Elijah." One of them ran and got a sponge soaked in sour wine and lifted it on a stick so he could drink. The others joked, "Don't be in such a hurry. Let's see if Elijah comes and saves him."

50 But Jesus, again crying out loudly, breathed his last.

51-53 At that moment, the Temple curtain was ripped in two, top to bottom. There was an earthquake, and rocks were split in pieces. What's more, tombs were opened up, and many bodies of believers asleep in their graves were raised. (After Jesus' resurrection, they left the tombs, entered the holy city, and appeared to many.)

54 The captain of the guard and those with him, when they saw the earthquake and everything else that was happening, were scared to death. They said, "This has to be the Son of God!"

55-56 There were also quite a few women watching from a distance, women who had followed Jesus from Galilee in order to serve him. Among them were Mary Magdalene, Mary the mother of James and Joseph, and the mother of the Zebedee brothers.

 

The Tomb

57-61 Late in the afternoon a wealthy man from Arimathea, a disciple of Jesus, arrived. His name was Joseph. He went to Pilate and asked for Jesus' body. Pilate granted his request. Joseph took the body and wrapped it in clean linens, put it in his own tomb, a new tomb only recently cut into the rock, and rolled a large stone across the entrance. Then he went off. But Mary Magdalene and the other Mary stayed, sitting in plain view of the tomb.

62-64 After sundown, the high priests and Pharisees arranged a meeting with Pilate. They said, "Sir, we just remembered that that liar announced while he was still alive, 'After three days I will be raised.' We've got to get that tomb sealed until the third day. There's a good chance his disciples will come and steal the corpse and then go around saying, 'He's risen from the dead.' Then we'll be worse off than before, the final deceit surpassing the first."

65-66 Pilate told them, "You will have a guard. Go ahead and secure it the best you can." So they went out and secured the tomb, sealing the stone and posting guards.

 

今回の学びのイエスの十字架の死と埋葬の場面、ここにはあの十二弟子は一人も登場しません。しかし代わってイエスに従ってついて来た複数のマリヤや、アリマタヤのヨセフ、キレネ人シモン、そして終末とエリヤの再来を証しする多くの傍観者たちが描かれています。

 

次回74日(土)のバイブルクラスは、マタイによる福音書の最後の28章です。きょう最後の話し合いで、その後のバイブルクラスのテキストも福音書の中から、「ルカによる福音書」を学ぶことを決定いたしました。

【2015年6月20日】