ホーム > 伝道委員会 > 伝道委員会報告

伝道委員会

常設委員会です。役員会から付託されて行う各企画の実行委員会的な性格ももっています。 いろいろな企画を実施する中で、教会の宣教課題が浮き彫りにされてそれらも協議します。

記事詳細

伝道委員会報告

遅くなりましたが、伝道委員会7月から10月の報告です

7

緑星キャンプ(修養会)について

1.役員会の報告

2.修養会委員会として8月~10月に3回の全体協議会を行うことを協議し、内容を検討した。

3.主題聖句の検討

4.主題テーマの検討

   仮称「今後の教会のヴィジョン」

その他

HP関連報告の報告があった

・聖書に親しむ会について

     世話役からの提案により、8月を夏休みとすることを承認した。

8

緑星キャンプ(修養会)について

1.   各部例会で話し合われた意見でタビタ会よりテーマについて具体的な提案と主題聖句案が出された

3.テーマの絞り込み

議論の末、以下のように決定した。

「今後の教会のヴィジョン~教会は今、開かれているか?~」

4.参考図書テキストについて

  各委員から以下の推薦図書6冊が紹介された。

    しかし論議の末、今回のテーマに沿った適切なテキストに絞り込めず、今回はテキストなしで進めることとなった。

5.主題聖句選定

   前回選定した3ヶ所とタビタ会から提案された2ヶ所を全て、岡田いわお牧師に提示して、主題聖句として適切な箇所を選んでいただくこととした。

6.発題について

 テキストなしで、主題テーマについて自分で必要資料を探して発題してもらう。

9月全体協議会で話し合った後、その場で発題者を募ってお願いする。もしいなかった場合は、発題なしでプログラムを組むこととする。

7.全体協議会の内容検討

 9月全体協議会(9/25

  10月全体協議会(10/16

8.その他

    ①「修養会」という名称を「緑星キャンプ」に戻す。

    ②資料「年齢、地域構成」について意見が出された

9

緑星キャンプ(修養会)について

申込書の修正について  

プログラムたたき台を配布した。次回検討する

10

全体協議会(9/25)の記録について

分団協議のテーマについて

第2回全体協議会の内容について

プログラムについて

10

緑星キャンプ(修養会)について

102930日に行われた緑星キャンプは、29日(土)大人28、子ども1。30日は大人40,子ども6の出席があった。両日フルに参加した人数は24であった。

今回の緑星キャンプで話し合われたことを結実させるために、全体協議会を行うことを役員会に提案する

【2017年1月14日】