ホーム > 牧師 > 「恵みと知恵」★

牧師

2017年4月牧師(代表役員)に就任。 岡田いわお牧師が主任牧師、岡田恵美子牧師が副牧師の夫婦牧師で宣教していきます。 いわお牧師は本所緑星教会出身です。

記事詳細

「恵みと知恵」★

  「エルサレム神殿」と「律法」に関する件でユダヤ最高法院に告訴されたステファノの弁明。

主イエスの復活信仰を中心とするエルサレム教会が大きくなるにつれ、ペトロ、ヤコブ、ヨハネといった初代の弟子たちとは異なる傾向の人たちが目立つようになってきた。「ギリシャ語を話すユダヤ人」で、生活もギリシャ的で、「ヘレニスタイ」と呼ばれる人々である。特に「神殿」、「律法」の捉え方がかなりラディカルであった。

一方、使徒たちはエルサレム議会の取り調べなどを通してユダヤ当局と一応の関係を整えてきたばかりであり、これらの人々との関係にかなり苦慮する。当局の反発を買うような存在との対内的な調整が求められることになった。

こうした中でギリシャ語を話すユダヤ人たちのリーダーであるステファノが当局に逮捕された。裁判において、彼はイスラエルの原初の歴史を語ることで神は神殿に拘束される方ではないことを語った。これはエルサレム教会に対する批判でもあった。

教会は「エルサレムを離れず」との復活の主の命令の下にあり続けるためにはユダヤ当局の逆鱗にふれることは極力さけたい思いであった。そうした状況ではステファノをリーダーとするグループの存在とは一線を引きたい思いが強くなる。特にステファノの逮捕において、ますます距離を置こうとしたのではないかと想像される。

最高法院での審議終了後、ステファノは殉教し、彼をリーダーとするグループは迫害され、エルサレムから追放されるが、ペトロたちはエルサレムに留まることができた。いわば、見て見ぬふりの姿勢であったとも言える。

時が経つにつれ、教会の主流はエルサレム教会ではなく、追放された教会となる。それはエルサレムのユダヤ教キリスト派の集まりではなく、アンティオキアの教会であった。

主イエスを救い主キリストと告白する小さな群れがユダヤ教を脱し、キリストの教会となるには多くの対外的な苦難、対内的な格闘があった。

今日、十字架を掲げる教会がキリスト教会であるかを今一度見直すことが絶えず求められていると思う。そうしないと、教会ではなく、キリスト派になる危険に陥ることになる。

 

【2015年3月19日】