ホーム > 牧師 > 「すべては赦しから始まる」★

牧師

2017年4月牧師(代表役員)に就任。 岡田いわお牧師が主任牧師、岡田恵美子牧師が副牧師の夫婦牧師で宣教していきます。 いわお牧師は本所緑星教会出身です。

記事詳細

「すべては赦しから始まる」★

  「すべては赦しから始まる」 マタイ18:21-35

地上で生きている限り、だれもが人間関係から無縁ではいられない。それぞれが生活する家庭、職場、学校、そして教会で...。だからこそ、何とかよい関係を作りたいと苦慮するわけである。その際に「ゆるし」が鍵になるとに気づいた賢明なペトロは、友人の過ちをゆるす条件について主イエスに尋ねた。ユダヤのラビの教えでは3回までとある、ならば7回までかと――。

ところが、この良識的な問いへの回答は驚嘆すべきものだった。7を70倍するまでゆるせ、というものだからである。無制限に隣人の罪、過失をゆるせ、という。そんな無理難題を受け入れられようか...。あきれ、戸惑う弟子たちの顔が目前に浮んでくるようだ。

そこで改めて、たとえを用いて主イエスは無限のゆるしの根拠を指し示される。1万タラントン(1タラントン=6千日分の賃金)の借財のある家臣が返済不能で、心から謝罪し王からゆるしてもらった、というとたとえ話だ。家臣は借金全額をゆるされて帰途につくが、百デナリオン(1デナリオン=1日分の賃金)借金のある友人に出会う。その際に借金の返済を厳しく迫り友人を投獄。その出来事を知った王は激怒し、無慈悲な家臣を改めて処罰するという、内容である。

ここで注目すべきは、家臣が返済不能な借金を王にゆるしてもらったという点だ。自分に罪などない。いや、もし罪を犯してもたいしたことはしてない、と人間はしばしば居直り、うそぶく。しかし、義にして聖なる唯一の審判者の前に立つとき、だれもが自らの破れと罪を認めざるをえない。いのちも、財産も、人間関係も、時間もすべては造り主から委託されたもの。それらを神の御心に従い、忠実に用いてきたか...。厳しく問われるならば、私たちには全く弁解する余地などない。ただ神の憐れみによりすがるしか救いの道はないのである。

主イエスはいのちを犠牲として差し出すために地上にこられた。この時、十字架によりゆるがない「ゆるし」が成ることを予告されたのである。とてつもなく大きな「ゆるし」があるからこそ、私たちはゆるしあう関係を築くことができる。どんな状況にあっても、無限のゆるしを信じて、再スタートすることが可能になった。地上の教会が生きる原点をここに見いだすことができよう。すべては、キリストにある罪の赦しから始まることを覚えたいものだ。(特別礼拝講師 山中正雄 牧師)


【2015年11月30日】