ホーム > 聖友会 > 聖友会10月度例会の報告

聖友会

聖友会は成人男性の集いで、毎月第一日曜の朝9時から定例で開催されています。 聖書の学びを中心に信仰の向上と会員同士の交わりを深める目的の集会です。

記事詳細

聖友会10月度例会の報告

 

今月の例会出席者は8名でした。

以下は今月当番のコーディネータ氏の発表内容の要旨です。

 

「信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」(使徒言行録2:44-47)。キリストが世を去られた後の弟子たちの生活である。パウロをはじめ弟子たちがローマに伝えた信仰は、長い迫害の時をへてローマ皇帝により公認され、東方教会と中世ヨーロッパのカトリック教会、プロテスタント諸派の働きによって長い歴史と、世界への壮大な広がりを持つに至った。私たち本所緑星教会も、この大きな時の流れの縦軸と、世界的広がりの横軸の交点上にある。今、矢吹牧師の定年による退任を前に、後任牧師について様々に思いを巡らせている。当教会の一大事である。もちろん新牧師への期待も大切だが、その前に私たち自身が毎週、教会に集うことの原点に立ち返える必要がある。この観点から、信徒の共同生活と礼拝について意見交換した。

 

次月はこの発表にもあった次期牧師招聘問題に重点を置き、皆さんと協議する予定です。

【2014年10月12日】