ホーム > 教会学校教師会 > 「母の日」プレゼントづく り

教会学校教師会

日曜日の朝、教会学校へ来てみませんか?日曜日だから寝ていたい!ゲームをしていたい!それもいいけれど、教会学校に来てみましょう! 神に愛されていることを知り、神を愛し、人を愛する人となりましょう! 礼拝、分級(毎週日曜日午前9:30より)を中心に様々な活動をしています。 神さまはみんなを待っています!!

記事詳細

「母の日」プレゼントづく り

2015年の「母の日」。

教会学校の分級でお母さんへのプレゼントづくりを行いました。

 この「母の日」は今から100年以上も前、アメリカのウェストバージニア州にある
 ウェブスターという小さな町の教会で始まりました。
  その教会の教会学校のある日、ジャービスという名の先生が旧約聖書にある
 モーセの十戒の第五戒「あなたの父と母を敬いなさい。」という
 ところの話で「母の愛に心から感謝する方法を考えだす人はいませんか」と生徒に
 質問したことがありました。
  この日の話を聞いて覚えていた娘のアンナさんが
、お母さんが天に召された後の記念会でお母さんが大好きだった
 カーネーションをたくさん飾ったのです。列席した人たちはそのことに感動しました。
 それを聞いた百貨店のジョン・ワナメーカーが自分のデパートにカーネーションを
 飾ったことからこの行事が広がり、
 1914年にはアメリカ議会が5月の第2日曜日を国家的な祝日の母の日に決めたのです。

CS母の日分級2.jpg
  
教会学校の生徒たちは、この「母の日」のルーツは旧約聖書にあることなどを思いながら、
 プレゼントづくりをしました。
  プレゼントづくりでは、お父さんも参加しました。

CS母の日分級1.jpg

【2015年5月10日】