ホーム > 緑星の仲間たち > 青年会、6月の例会を行いました。

緑星の仲間たち

緑星教会には多様な方々が集っています。その一面をちょっとお見せするために趣味のコーナーを設けました♪ 同好の士がいらっしゃるようなら、イベントの際に「ホームページで○○さんの記事を読んだんですけど…」とお声掛けいただければ幸甚です! ※こちらのブログは「青年会」のコーナーを改変して作成しており、青年会の記事もこのコーナーの一部として含ませています。  なお、掲載されている内容は個人の意見・見解であり、教会の公式見解ではありません。

記事詳細

青年会、6月の例会を行いました。

6/1(日)、青年会の月例会では、5月度にずれ込んだ4月度企画「『チェ・ゲバラについて』の学び」、5月度企画「青年会緑星ランチ」のレビュー、そして6月度企画会議、諸事連絡を行いました。

メンバーが海外出張中でもSkypeでつなぐのが青年会流♪ このスマホの持ち主は後ほど外出先で電池切れとなりましたが(笑)

140601.JPG

4月度企画「『チェ・ゲバラについて』の学び」のレビューでは、企画主から「もともとは別な本からのエピソードでチェ・ゲバラに関心を持ったが、今回取り上げた参考文献ではそのような記述はなかった。複数の視点で物事をとらえるということの重要性を認識できた」という話と、「権力の奪い合いや、武力闘争についてのゲバラの思想の背景について考える機会が与えられたと考えている」という報告があり、参加したメンバーからは「『ある条件下での暴力は許されるか』という話し合いは非常に考えさせられた」との感想がありました。
また、学びにおいては誰かが決める正解というものはなく、受け取ったもので自らが考えなければならない、ということや、世界のメディアや識者などが広く伝える考え方などへのクロスチェックの必要性についての意見などがありました。
なお、話し合いのテーマについての事前告知のリクエストもあり、企画者の準備不足な点が反省材料としてあげられました。

5月度企画「青年会緑星ランチ」については、数回行っていく中でスムーズに準備ができるようになってきているのが良かったということや、制限事項(日曜当日に人数分の飯物を調理することは困難であること)とそれをふまえた主菜への創意工夫の発揮が今後の目標である、ということが話し合われました。

6月度の企画については、月間で集まる回数を集約する意図から、7/6(日)月例会後に実施することとし、以後その形式を継続するという方針で合意しました。テーマは「ふしぎなキリスト教」勉強会で、第3部の内容についてを2回に分けて学ぶこととしています。

その後、教会内での委員会や係などの役割に関する報告や、他メンバーの近況などについて共有がなされました。

【2014年6月 1日】